御祭神について
拝殿

国龍神と比咩御子神

    国 龍 神  (くにたつのかみ)
主神  
    比 咩 御 子 神 (ひめみこのかみ)


    健 磐 龍 命  (たけいわたつのみこと)
合殿
    阿 蘇 都 比 咩 命  (あそつひめのみこと)


御神殿には四柱の神様が祀ってあります。
国龍神は第一代の神武天皇の第一皇子で、神武天皇御東遷野の地、
九州鎮護に当たられ、甥の健磐龍命が天皇の命により九州に下降されると、命の後見として授けられ、国土の開発、産業の振興に尽力されました。お妃の二柱の神は、夫君の神を助けられ、住民を撫育されました。阿蘇都比咩命は、国龍神、比咩御子神の御子であります。

縄

御神徳

三宮の『筋の神様』として有名ですが、筋の安全守護及び筋の病の消除だけでなく、
諸病平癒・安産・子授け・健康安全・家内安全・交通安全など御神徳は普く広大です。

もともと、開発殖産の神様ですので、事業の発展・商売繁昌・開運厄除の御霊験も著しく拝されます。

 

阿蘇神社神系図